「第2次手織り指導員養成講座」修了報告!

2019年6月に開講した手織り部門の最高位資格である指導員養成講座が2020年1月に修講を迎えました。6回にわたる本講座で、高度な手織り技術をさらに学び、指導者としてまた手織り作家としてステップアップを目指し、卒業課題ではそれぞれの個性があふれた「ウエア」の制作発表がありました。下記には講座の様子と参加された「受講生の声」をまとめてご紹介しています。
※「手織り指導員養成講座」は不定期開催となります。当講座にご興味ある方は手織り部門までお問い合わせください。

講座の模様

日程

【時間】 10:00~15:30 ※昼休憩60分 【講師】川村郁子(本部講師)

内容・技法 学習ポイント 提出課題
1回目 織りの三原組織 平織り・綾織り・
朱子織りの色の効果
サンプラー
2回目 レース織り(ハックレース) ハック織りの技法
組織図の見方など
ショール
3回目 綾織り 綾織りの組織
2枚へドルの操作など
テーブルマット
4回目 よこ糸浮かし織り(北欧風) 柄の配置、バランス
スウェーデン織り
タペストリー
5回目 ルーピング ルーピング技法
チェイニング技法など
タペストリー
6回目 卒業作品発表
修講式
デザイン・素材選び・仕立て方
認定証・修了証授与式
手織りのウエア
1回目
織りの三原組織
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
5回目
ルーピング
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
修講式
手織りのウエア
卒業作品発表
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座
  • 第2次手織り指導員養成講座

感想・ご意見

<受講者の声>

・とにかく楽しく学ばせていただいた!手織り同志の方とお話ができてよかった。

・参加してよかった!最後の卒業制作のウエアは大変だったが、皆さんの個性とそれぞれ違う作品を見ることができ、勉強になり刺激をもらった。

・さまざまな技法が学べてよかった。

・新たな手織りの仲間ができた。

・最後まで欠席せずに受講することと、全課題を提出できるかが不安と緊張の6か月だったが、無事に終えることができてよかった。

 

・限られた時間の中で課題を制作することは大変だったが、意義のある時間を過ごすことができた。資格が取れてよかった。


お問い合わせ

〒164-0013 東京都中野区弥生町5-6-11 ヴォーグビル
「手織り指導員養成講座係」

手織り部門のコース案内

公益財団法人日本手芸普及協会は1969年、文部科学省の許可により設立した全国規模の手芸指導者団体で、現在の会員は約20,000名登録されており、10部門(ニット、刺しゅう、レース、キルト、ペイント、手織り、レザークラフト、カリグラフィー、ホームソーイング、押し花)で構成されています。手芸指導者育成では46年の歴史がある最も権威ある団体であり、手芸の普及、社会貢献活動、イベントの企画、主催を行っています。