講座案内

Home > 講座案内 > パッチワークキルト講師養成講座
第31次 パッチワークキルト講師養成講座
主に手縫いで制作するパッチワークキルトのための技術と知識をトータルに学びます。ご自身の制作を楽しみたい、そしてその楽しさを人に伝えたい、趣味として楽しみたい方からパッチワークキルトの指導者を目指す方まで幅広く対応できる、年一回開催の本部講師の指導による特別講座です。通常2年半以上かかるカリキュラムを10か月に凝縮して学習し、講師資格の取得を目指します。 講座では40種類以上のパターンと約20点の作品制作で、パッチワークキルトの知識と技術を中心に、デザイン、配色、指導法も学習し、卒業作品としてサンプラーキルトを制作します。基礎から応用までの学習と作品制作の充実した講座になります。

講座のご案内・受講申込書はこちら >>

岡本洋子先生による体験会を開催!
岡本洋子先生デザインのエレガントなバッグを作る体験会を開催します。 初心者から経験者まで、より多くの皆様にキルトに親しみ楽しんでいただける内容と なっておりますので、皆様どうぞご参加ください。


サンプラーキルト
東京会場
東京会場講師 岡本洋子先生の実技指導


お問合せ・申し込み先
公益財団法人日本手芸普及協会
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-23 8F
TEL: 03-5261-5096  FAX:03-3269-8725

受講生の声:パッチワークキルト講師養成講座を受講して
『これまでは本などを参考に見よう見まねで小物などを作っていました。思い切って受講を決めたあとも授業についていけるかとても不安でした。
実際に授業を受けて先生の豊富な知識を学ぶこと、そして課題の作品をつくることも楽しくて、楽しくて、夢中の10か月間でした。また宿題として決められた期日までに課題の作品を作ることも、一人で作っているときには味わえない緊張感でした。
受講を終えて、製図や配色、縫い方などを学んだ今では、本などに載っている作品も真似ではなく、デザイン、サイズ、配色など、オリジナルでいろいろなものを作ることができるようになりました。とても嬉しく幸せです。
身近に仲間もでき、卒業後も作品を見せ合って楽しんでいます。
とても貴重な10か月間でした。』
M.S.さん(第27次パッチワークキルト講師養成講座受講)

『独学でパッチワークを楽しんでいましたが、体験会に参加し、背中を押していただき受講を決めました。
定規、コンパスなどを使って正確に製図する重要さを学び、縫い代の倒し方からキルティングの仕方まで、さまざまな「作り方のルール」を新しく習得できたのがよかったです。一番難しかったのは「配色」でしたが、基本の配色を勉強することを心掛けました。
受講中の私の10か月間は、講座の日は聞き漏らすまいと集中、講座終了の翌日からは課題作品制作のため針を動かし続ける…といった日々でした。課題をこなすのは大変でしたが、期限があるからこそ頑張れたと思います。とても充実した10か月間でした。
そして何よりもこの講座を受けてよかったことは、パッチワークの楽しみを共有できる仲間ができたことです。卒業後も定期的に会い、それぞれの作品を持ちよりおしゃべりをするのは最高に楽しい時間です。』
K.O.さん(第27次パッチワークキルト講師養成講座受講)

Q&A
Q:日程表にひと月に2日間の日程が記載されていますが、両日出席ですか?
A:両日とも受講日になります。2日間の連続講座で10ヶ月、計20回の講義になります。また、最後に修講式が1日設けられます。

Q:申し込みは振り込めばよいのですか?事前予約などはありますか?
A:事前にお電話またはFAXでお申込のうえ、受講料をお振込みください。 入金確認終了で正式に申し込み完了となります。 入金確認後、開講日1ヶ月目ごろから受講証をお送りいたします。1回目の持ち物など書いてございますので必ず確認ください。 また、受講証は毎月お持ちいただきますので大事に保管ください。

Q:受講料を分納で支払ったのですが、後期分はいつまでに払えばよいのでしょうか?
A:講座の5ヶ月目に案内し、6ヶ月目が始まる前までにお支払いいただきます。講座内でご案内いたします。

Q:教材とありますが、キットのように組まれているのですか?
A:キットではありません。用具は最低限必要とされる物をおわたししています。布は作品の色彩に偏りがでないよう補足としてセットしています。 作品は講座内で出される「課題」をふまえ皆様がお持ちの布、お好きな布を使用して制作してください。

Q:開講されない場合、受講料はどうなりますか?
A:開講できない場合には、全額返金させていただきます。 また、開講前にお客様のご都合によるキャンセルの場合は、手数料(1000円)を差引いてのご返金となります。

お問合せ・申し込み先
公益財団法人日本手芸普及協会
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-23 8F
TEL: 03-5261-5096  FAX:03-3269-8725