手芸紹介

ペイントレッスン PLUSα
<< ひとつ前にもどる

ここでは、トールペイントのルーツとなっているヨーロピアンフォークアートを学びます。 その地方ごとに特色があり、そのすべてをご紹介することはできませんが、 ここではノルウェーのローズマリング、オランダのフラワーペインティング、ドイツのマーレライ、 オランダのヒンダローペン、それぞれの特徴をもつ作家の作品をご紹介します。

ペイントレッスン PLUSα

ペイントレッスン PLUSα カリキュラム一覧

ローズマリング 1. ローズマリング/ゲイル・オーラム

ローズマリングで描かれた可愛い携帯用のミラーは、動きのあるストロークが特徴です。 バッグに、化粧ポーチにそっとしのばせたいアイテムです。プレゼントにも最適。

オランダフラワーペインティング 2. オランダフラワーペインティング/シルビア・ヘルダープロム・カウタース

色々な花をカラフルに組み合わせてデザインされるオランダのフラワーペインティングは、お部屋を華やかに彩ります。 この手法も流れるようなストロークが特徴です。

マーレライ 3. マーレライ/ソニア・ウッシュレーガー

素朴で温かみのあるマーレライは、ドイツの伝統的な手法です。 色は落ち着いた赤やグリーンなどを使いますが、現代においても心を和ませる色合いで人々を魅了させます。

ヒンダローペン 4. ヒンダローペン/ハルメン・ズヴェード

花や鳥、風景などを伝統的なレイアウトで継承されているオランダのフォークアートです。 ちょっと漆を思い浮かばせるようなイメージは、日本の生活様式にもぴったりです。