手芸紹介

Home > 手芸紹介 > カリグラフィー
カリグラフィー部門
カリグラフィー部門 長い歴史とともに発展と変遷を続けてきた装飾文字カリグラフィーを、日本の中でも多くの方々に手書きの美しさを感じていただき、日常の生活に楽しく取り入れて活用していただきたいと思います。
魅力的で代表的な書体を選んで、いろいろな技法も紹介しております。
日本人ならではの文字の美しさを作り出して下さい。





カリグラフィー 学習指導体系

カリグラフィー講師資格取得までの流れ

学習指導体系

カリグラフィー部門の学習指導体系は「本科」「高等科」「講師科」「指導員」「師範」の5ステップです。個々の学習者が習得する進度は異なりますので、それぞれの理解度に合わせて指導が行われます。最短履修時間は「本科」24時間、「高等科」28時間、「講師科」40時間とし、「本科」から「講師科」までの最短履修期間は2年です。


修了申請料について
各課程の修了時には次のとおり申請料を納めていただくことで卒業となります。

課程学習者が納める申請料
本科6,000円
高等科8,000円
講師科30,000円
指導員45,000円


本科…6か月(最短履修時間24時間以上)
(株)日本ヴォーグ社の通信教育とも連動した、初めての方向けの書体の講習です。イタリック体・カッパープレート体ともに、小文字・大文字の基礎を最初にしっかり学びます。

イタリック体
1、書体、ストロークの説明と練習
2、小文字の書き方
3、簡単なカードの書き方
4、大文字の書き方
カッパープレート体
5、書体、ストロークの説明と練習
6、(52度傾斜)小文字の書き方、単語の練習
7、(52度傾斜)大文字の書き方、単語の練習


高等科…6か月(最短履修時間28時間以上)
本科で学んだイタリック体の文字のバリエーションや、ペン幅を変えてのカレンダー制作など、小作品を制作します。平筆の装飾模様も学びます。ゴシック体は小文字・大文字の基礎を学びカード作品を制作します。

イタリック体
1、数字の書き方
2、C3ペン先での練習、バリエーション
3、トリミング
4、カレンダー制作
5、平筆の使い方
ゴシック体
6、書体、ストロークの説明と練習
7、小文字の書き方
8、大文字の書き方
9、単語の練習、数字の書き方
10、カード作品の制作


講師科…12か月(最短履修時間40時間以上)
イタリック体・ゴシック体・カッパ―プレート体の応用として、様々な技法を学びながら、ウェディングボード等の作品制作も練習していきます。講師認定の為の作品制作も含まれます。

イタリック体
1、大文字を使ったロゴ制作、エンボスの説明と制作
2、レインボーカラー
3、マスケットインク
4、カードの制作
5、C4ペン先での練習
6、詩を取り入れた作品制作
7、C5ペン先での練習
8、課題作品の制作
ゴシック体
9、エンボスマーカー、エンボスカードの制作
10、C3ペン先での練習
11、課題作品の制作
カッパープレート体
12、数字の書き方
13、カード制作
14、(52度傾斜)5ミリ幅の説明
15、(52度傾斜・62度傾斜)総合的な説明
16、課題作品の制作