展示会情報

Home > キルト日本展 > 第10回キルト日本展
第10回キルト日本展
平成21年開催 応募点数 一般部門 453点(国内/海外)、 中・高生部門 21点
453の応募のうち入賞・入選68作品、153名参加のうち10作品が入賞

グランプリ・文部科学大臣奨励賞 トラディショナル部門

文部科学大臣奨励賞

「Blue Sunset」
中山弘子 Hiroko Nakayama (茨城県) 207×207cm

"月周回衛星かぐや"が写した地球の写真を目にしました。青い地球はまるでレースを纏ったように美しく、 いつもそのイメージを思い描きながら針を動かしていました。

コンテスト応募締め切りまで7ヶ月を切ってからキルティング開始。 来る日も来る日も寸暇を惜しんで縫い続け、遂に完成した時の開放感、充足感、爽快感は忘れられません。


文部科学大臣奨励賞 コンテンポラリー部門

グランプリ・文部科学大臣奨励賞

「COSMOS #6」
畑野昭子 Shoko Hatano (日本) 130×170cm

宇宙は見えるもの見えないものを含め、すべてのものに結びつきとエネルギーを感じさせます。 宇宙の遥か彼方の光と影の複雑な形状に思いを馳せました。

作品制作にあたり、素材作り、染め、ペイント、エアーブラシなどを駆使してこだわりの色彩の布作りからはじめています。 異素材を意図してコンスピレーションで展開したキルトです。


文部科学大臣奨励賞 中・高生部門

中・高生部門

「We Heart Cha!」
作新学院高等学校 情報科学部 ライフデザイン科 (栃木県) 195×170cm

この作品は、「家族が多くの愛に満たされ、幸せになりますように」と願いを込めて制作しました。 材料はエコを考え、洋裁・和裁で出た端布を染色したり、裂き織りにしたりして再利用しました。 何よりも、制作者みんなの優しい思いがこの作品に表現できて、とても嬉しく思います。


金賞 コンテンポラリー部門

金賞

「Forest」
中島弓子 Yumiko Nakashima (宮城県) 198×195cm

人間が誕生する遥か昔から存在していた木々。森となり、私たちに多くの恵みをもたらしてくれる。 そんな自然に畏敬の念を抱く私です。存在の不思議と神秘に思いを馳せて制作しました。


金賞 トラディショナル部門

金賞

「組成II -- COMPOSITION II」
酒井尚子 (神奈川県) Shoko Sakai 203×203cm

一度は作ってみたいと思っていたこのパターンで、ずっと考えていた四角を並べて三角に見えるパターンにしようと思ったら、星になりました。 単純なパターンなのに、ピーシングにはとても時間がかかりました。



展示会スケジュール

第一会場:東京都美術館 期間:2010年2月6日~2月11日
第二会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ 期間:2010年4月22日~4月27日
海外巡回展示:16th European Patchwork Meeting (フランス)
期間:2010年9月16日~9月19日

>>展示会の巡回情報はこちら


図録の販売について

トラディショナル部門、コンテンポラリー部門、中・高校生部門の全入賞作品が掲載された 図録を販売しています。

詳細は(財)日本手芸普及協会までお問い合わせください。


お問合せ・申し込み先
財団法人 日本手芸普及協会
〒162-0845 東京都新宿区市谷本村町3-23 ヴォーグビル8F
TEL:03-5261-5096
FAX:03-3269-8725
Email: nihonten@tezukuritown.com